40歳以下限定!サラリーマンの為の資産構築講座


お金のことを知っていますか?

みなさん、お金を稼ぎたいといっている割に
お金のことをよく知らないと思います。


先日、イタリア旅行に行っている時に、
代表安部を中心に
皆で時間も忘れて話をしている話題がありました。

 

 

A「安部さん。
今後資産を作るためにはどうしたらいいですかね?」

 

安部「まず会社員でも株式会社自分と
いうような枠組みで考えることだね」

 

B「キャッシュフローゲームで資産を作ればいいのは
分かりましたけど、実際の生活では
どのようにしてやればいいですかね?」

 

安部「サラリーマンでも
損益計算表と貸借対照表をつけるべし」

 

A「でも貸借対照表の
【資産】に入るものってなかなか難しいですよね。」

 

C「そうそう不動産などは資金から手を出しにくいし。」

 

安部「でもリスクが少なくても
資産形成できるやり方はあるよ実際。」

 

 

A「いろいろなやり方を聞きたいですね!」

 

 

ということで
安部といろいろ話会った結果、

●「サラリーマンが資産を作るためには

        どうしたらいいのか?」
●「貸借対照表(バランスシート)に

        特化したセミナー」

 

という講座をやろうという話になりました。

 

 

40歳以下限定!サラリーマンの為の資産構築講座の内容

・個人のPL・BS
・損益計算表部分を見直す(固定費・保険など)
・リスクが少ない資産の貯め方
・実践型キャッシュフローゲーム
・個人面談
・相続対策
・不動産プログラム
・実生活での借金という考え方
・借金を利用して資産をためる考え方

など


全10回で皆さんが給料以外に月30万円収入が入るように

するためにいろいろな仕組みを構築していきます。

なぜ40歳以下に限定しているかといいますと、

借金を行うことは若い方の方が有利な面が多いからです。

(40歳以上の方はご相談ください。面接がございます)

 

40歳以下限定!サラリーマンの為の資産構築講座

(全10回 一括150,000円+消費税 分割24回までOK)

資産の構築に主眼を置いた講座です。

PL・BSの見方を学び、アフィリエイト・保険・投資信託・債券・不動産などで自分の資産を増やす仕組みを学ぶ講座です。

資産構築1

損益計算書・貸借対照表の考え方
・単式簿記の考え方
・複式簿記の考え方・書き方
・実際の決算諸表を見てみよう
・基本4つのハコとは?
・お金の流れを学び、利益が出る考え方を学ぶ。

資産構築2

借金のルールを学ぼう
・4つの箱の復習
・どんな会社がいい会社・悪い会社であるか?
・●●があれば会社はつぶれない
・自分の状態を見てみよう
・賃貸用不動産を法人でもつメリット
・儲かる5か条

資産構築3

決算書を読んでみよう!
・買掛金・売掛金の考え方
・お金がある≠儲かっている!
・キャッシュフローの考え方
・貸借対照表の見方
・損益計算書の見方

資産構築4

キャッシュフローゲーム
・資産と負債の違い
・スモールビジネスとビックビジネスとは
・交渉をしてみよう
・よい借金とは?
・負債・純資産の考え方

資産構築5

アフィリエイトをやってみよう!
・アフィリエイトとは?
・実際にアフィリエイトで稼いでみよう!
・稼げるブログの書き方
・HP構築の仕方
・ネットワーク構築の考え方

資産構築6

保険を使って資産構築を行う
・定期と終身保険のメリットデメリット
・投資をする保険とは?
・自分の保険を見てみよう
・プロが薦める保険とは?

資産構築7 債券と投資信託を使った資産構築
・短期投資と長期投資の違い
・投資信託の考え方
・ドルコスト平均法を使った方法
・債券の考え方
資産構築8 不動産の考え方
・不動産投資とは?
・表面利回りと実質利回り
・購入希望単価の求め方
・良い投資物件の探し方
資産構築9 不動産実践
・色々な不動産物件をみてみよう。
・利回りの計算をしてみよう
・一室を買うか?一棟買うか?
・ROIの考え方
資産構築10 個別面談

経営者向け資産構築講座もあります。

経営者がどうやって資産をためていくかを効果的に考える講座です。

詳細はコチラ↓

http://kabu-esperanza.com/page03d.html

 

 

【無料】財務経営サバイバル動画はこちらから

【無料】財務経営サバイバル無料教材

財務経営サバイバル

オンライン財務経営講座はこちらから

売上が3割落ちても利益が2倍残る!財務経営オンラインセミナー

財務オンラインセミナー

サラリーマン資産構築講座セミナーダイジェスト


問い合わせ・申込先

TEL:092-713-6080

または下記お問い合わせからご連絡ください。