Topics

イタリア旅行で準備したい便利な持ち物リストと注意すべきことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボンジョールノ♪来月のイタリアの旅に向けて
少しずつ準備を進めているヨネです(*’▽’)

イタリアって日本からすると遠い国ですよね。
しかも言葉も文化も違うし、ちょっとした忘れ物が
旅行中に与える影響が大きくなったりします。

そんなわけで、今回はイタリアの旅行にこれだけは
持って行って!!というグッズや、事前にやっておいて
欲しいコトなどをまとめていきたいと思います☆

 

持っていくと便利なグッズリスト

まず気を付けてほしいことが「忘れ物したら
イタリアで買えばいっか♪」という国内旅行感覚です。

海外に行って気付かされるのが、日本の行き過ぎとも
言える便利さです。例えば夜中に急きょ電池が
必要になったとしても、コンビニや24時間営業の
スーパーやドンキなどで買えますよね。
国内旅行で歯ブラシを忘れた!となっても、
少し移動してコンビニに行けば手に入れることが
出来ちゃいます。

本当に便利で住みやすい国だと思います。
でもそれが当たりまえという感覚だと、海外に行って
痛い目に・・・(^-^;

 

数年前、旅行会社に勤めていたときに、こんな
クレームを受けているスタッフを見たことがあります。
「歯ブラシ持っていくように言ってくれないから、
現地で歯ブラシを買うはめになったよ。歯ブラシ代
返してくれ・・・!!」

いやいやいや!!!!笑
旅行会社はそこまでできませんから(´・ω・`)

その後どうなったかは聞いてないんですけど、
歯ブラシ代返したのかな~。

 

さてさて余談が長くなってしまいましたが、
必要なものリストを作っていきますね(;・∀・)

ちなみに、パスポート・お財布など、絶対に必要なモノ
というのは省略させていただきます。
今回は、5回イタリアに行ってみて、これがあると
便利だなぁというものをまとめていきますね♪

 

□サングラス
イタリアの日差しは強く、特にローマは遺跡を観る
際にも照り返しがひどいです。季節を問わず
サングラスは持って行ったが良いですね。

 

□日焼け止め
サングラスと合わせて、これも必需品です。
冬ですら日焼け止めなしで1日歩くと、鼻の頭が
赤くなります(^-^;

 

□携帯充電器
スマホにWiFiにデジカメ…と充電が必要な
機会の多い海外。1日出歩くと、電池切れなんて
よくあります。ポータブル充電器も色々種類が
ありますが、個人的にバッテリーの容量は12000mAh
以上のモノをおススメします。
それ以下だと瀕死のスマホを救えなかったり、
充電に時間がかかったりと不便ですので(;^_^A

 

これは比較的安くて容量も大きめ。
私が買ったときには3000円くらいしたのになぁ・・・。

 

□エコバッグ
イタリアのスーパーは買い物袋が有料のお店が
多く、またビニールも日本と比べて質が悪く、
破れてしまうこともしばしば…。
100均一などで大きめのエコバッグを買っておくと
持ち歩きに便利です(*’▽’)

 

□ラゲージチェッカー
ワイン、オリーブオイル、パスタ、トマトペースト…
などなど、どうしても重くなってしまうお土産たち。
でもそのお土産で荷物の超過料金を取られるのは
悔しいですよね。
もちろんホテルにスケールのある所もあるのですが
まだまだ少ないです。空港でバタバタ慌てなくて
良いようにラゲージチェッカーがあると便利です☆

 

 

□ネックピローと保湿マスク
8時間を超えるフライトは本当に疲れちゃいます。
それを少しでも快適に過ごすために、この2つが
あると便利です♪
ただのマスクよりもウェットシートを中に入れ込める
タイプのマスクを選びましょう☆今は香り付きの
物もあるので、好きな香りでリラックスしながら寝る
というのもいいかもですね(^-^)

 

 

□保湿グッズ
空気が乾いているのはもちろん、お風呂の水も
乾燥しやすいイタリア。ハンドクリーム・リップクリーム
・目薬・化粧水など日本で使わない人でも
持って行った方が良いでしょう。

□延長コード
ベッドからかなり離れた場所にコンセントがぁ!
というホテルもかなりあります笑
寝ころびながら、スマホいじりたいですよね?
さらに、延長コードに何口かプラグがあると
同室者とも共有できるのでオススメです♪

□パジャマ・スリッパ・シャンプーなど
パジャマが無い!もしくは微妙なガウンしかない
というホテルが多いです。なので、邪魔にならなければ
パジャマやスリッパがあると安心。
シャンプー、歯ブラシなどは備え付けがあっても
合わないという方(特に女性)も多いので、お気に入りの
物があれば持っていくとよいですね。

 

□除菌シート
日本と違って、レストランでおしぼりが出てこないですし
トイレに石鹸がないなんて日常茶飯事です。
食事前に使いたくなるので100均などで用意して
おくことをオススメします☆

 

□ドライヤー(お好みで…)
個人的には持って行かないのですが、女子の
皆様には必須アイテムですよね。ホテル備え付けの
ドライヤーは風が弱いので使い勝手が悪いです。
※でも日本のドライヤーを使う場合は、変圧器が
必要なことが多いので、気を付けて下さいね。

 

 

必ずやっておいてほしいこと・注意点

実は色々やらかした過去のある私・・・。
財布盗難被害1回(未遂2回)に、携帯紛失1回…。
たぶん人より抜けているのでしょう(^-^;

□海外旅行保険に入る
何かを無くす、壊す、自分がケガ・病気をする…
など何が起こるかわからない海外で、保険は
お守りになります。何かあっても24時間日本語
対応のデスクがあったり、保険会社によっては
支払いをせずに治療を受けることが出来ます。
絶対、絶対、絶対に入った方が良いです☆

□1泊分に必要な物は機内に持ち込む
まれに起こるロスバケ(飛行機に預けた荷物が
現地で受け取れないこと)。
現地でバタバタしなくても良いように、1泊分の
下着や携帯の充電器などは機内に持ち込みましょう。

□カードの写メ(裏表)を撮っておく
これはお財布が盗まれた時の話なんですが、
カード利用を止めてもらうときに、どこに電話を
したらよいのか分からないと1個1個ネットで
調べないといけません。そもそも自分が
どんなカードを財布に入れていたのか把握して
いない人もいます。
なのでお財布に入れているカードは裏表写真を
撮って携帯で確認できるようにしておくと便利です。
(携帯も同時に失うと無意味ですが涙)

□携帯(スマホ)とは別のタブレット
スマホを無くした時に思ったのが、タブレットが
あればぁぁぁぁぁぁ!でした。
わざわざ買う必要はないんですけど、スマホが
無くなってもタブレットがあればLINE・Facebookが
可能です。ただLINEに関しては事前に端末確認が
あるので、LINEを使えるようにしてから出発すると
良いです☆

 

長くなってしまってすみません(;´・ω・)
色々書きたいことが多すぎまして・・・。

それではまたお会いしましょう♪

関連記事